遊園地のはじっこ

楽しい毎日を過ごすための知恵と記録。Webマーケの仕事も少し。

【転機だよね】乳がん告知を受けて

私は1986年生まれで、2017年3月14日の30歳で乳がん告知を受けました。

乳がんといっても所謂早期発見で結果としてリンパ転移なしの温存手術でステージとしても2aに該当するものです。

しかし世間からみた私は、30歳という若いうちにがん告知された人。という者です。

 

私よりもステージが上で悩んでる人、若いのに胸を全摘するしかなかった人、辛い治療に耐えながら未来を見てがんばってる人がいる中でこの事を記事にするかどうか迷いましたが、こんな記事があって理解や誰かが安心したりしたらいいなと思い、記すことにしました。

レアなパターンにあたったんでね!笑

 

前提 私の状況

  • ステージ 2a
  • ルミナールA
  • 2017年5月1日手術(入院期間 4/30-5/4 5日間)
  • 現時点の経過 良好
  • 5/15より職場復帰

わかる人は分かるかもしれませんが、分からない人ように元気だということが分かりやすいようにあえて記載しました。

簡単にいうと私はただ元気です。

 

元々の生活

  • 東京独り暮らし
  • 独身
  • ほぼ社畜(企画をメインでしていたので終電帰りフツー)
  • トラブル対応や教育などに追われていたため今思うとストレスフルな状態
  • 生理が不順
  • 告知時点ではモラハラ彼氏といた(お試し付き合いだったため二ヶ月くらいで告知をうけ別れました
  • 3年で10キロほど体重ふえてる(たぶんストレスと寂しさで飲みすぎ

人が言うには異常な生活してました。

ただあえて言わせてもらいたいのは、好き好んであたしがしていたことであり会社はブラックではないと断言します。それは後ほど記述します。

 

伝えたいこと

乳がんは怖い病気じゃない。

あたしは軽めだからいうけど、早期に見つかれば怖くない。すっごい迷ったけど親と話して独身だしって胸だって残した。会社も復帰して私は周囲にほんとに恵まれて気を使っていただきながらお仕事も任せてもらえてる。

しあわせだなあって感じることも出来てる。

恩返しもどんどんしていかなくてはならない。

 

だから、がんだからという先入観だけはどうかなくしてください。あたしもプロジェクト外されたり、1人の家を出て実家に戻りながら通わなくちゃいけない生活になるけど周囲にどうか気を使わないでと伝えて伝えて伝えまくって、それで救われた。

人それぞれ価値観違うけど、自分のやりたいことを押し通してよかったっておもってる。

あたしは大丈夫だ。

 

 

 

乳がん であると自覚が足りてないのかもだけど、妊娠も5年出来ないし、結婚できるかわからないけど、あたしはいま自分で自分のやりたいことやってる。

もっとなりたい自分になるために足掻いてやる。生きなくちゃいけないから、がんばる。